/

北朝鮮、ミサイル信号に変化 韓国は警戒態勢維持

【ソウル=共同】韓国国防省の報道官は29日、北朝鮮が日本海側に配置している新型中距離弾道ミサイル「ムスダン」が発信する電波信号が「発信されたり止まったりしている」と述べた上で、「ミサイルを撤収しない限りいつでも挑発できる」として、韓国軍が強化した警戒態勢を維持していることを明らかにした。

報道官は、電波信号の変化などの動きについて「陽動の可能性もある」と指摘。「(北朝鮮がミサイルを)撤収させて、はじめて非常事態が終了する」と述べ、引き続き監視を続ける方針を強調した。

国防省関係者によると、短距離の「スカッド」や中距離の「ノドン」などを含め、北朝鮮の日本海側でのミサイルの配置状況に特段の変化は見られないという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン