/

集団的自衛権容認、法案提出は来春以降 石破氏

自民党の石破茂幹事長は29日午前のフジテレビ番組で、集団的自衛権の行使容認を法的に裏付ける国家安全保障基本法案の国会提出は2014年度予算案が成立する来春以降になるとの見通しを示した。法案提出の時期について「(来年の)通常国会で一連の法案・予算が成立し、(来年4月に)消費税を上げる反動の対策を国民が実感した時だ」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません