劇薬飲んだ東電 数土次期会長VS最後の抵抗勢力

(1/5ページ)
2014/3/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力の福島第1原子力発電所事故から、もうすぐ3年。JFEホールディングス元社長の数土文夫が4月1日に会長に就任、NHK改革などで辣腕を振るったアウトサイダーの手に再建が委ねられる。水面下では、東電内に残る守旧派との最終戦争が始まった。

■エリートたちに渡される片道切符

ある東電のスタッフ部門幹部は年明け早々、上司に呼び出された。告げられたのは、原発事故の賠償や除染などの作業が続く福島県内での勤…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]