震災後1年、コスト削減だけでは不十分 変わるデータセンター選び(上)

(1/4ページ)
2012/3/5 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 「二つの変電所から受電」「石油3社と優先的な燃料供給契約」「バッテリー不要のロータリーUPS(無停電電源装置)導入」「外気空調の全面採用」――。1年前に起きた東日本大震災の後、企業がデータセンターを選ぶ基準が変わり、データセンターも進化を遂げた。コスト削減効果を得られるだけでは満足できない企業が増えたのだ。全2回の本連載では、「停電対策」「地震対策」「広域分散」「防犯」の四つの観点から、最新デー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]