/

この記事は会員限定です

電子図書館で新刊を販促 大日本印刷など

[有料会員限定]

大日本印刷など4社は、図書館向けの電子書籍販売事業を強化する。図書館と協業し、電子書籍の貸し出しサイトの一部を新刊の販促用に活用。貸し出し履歴を基に利用者が好む電子書籍を推薦し、電子書店での購入を勧める。出版社の売り上げを高め、貸し出し用電子書籍を増やすのが狙い。閲覧用端末の種類を増やすなど、貸し出しサービス自体も改善する。

大日印のほか、グループ会社の日本ユニシス、図書館流通センター(TRC)、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン