グーグル、ウェブサイトをスマホ向けに自動変換 1年間は無料提供

2012/11/28付
保存
共有
印刷
その他

グーグルは2012年11月28日、パソコン向けWebサイトを、スマートフォン(スマホ)向けに最適化された形式に自動変換するサービス「GoMo(ゴーモー)」の提供を開始した。当初1年間は無料で利用でき、その後は月額1180円の料金がかかる。

写真 グーグルGoMoで日経BP社のホームページをスマートフォン向けに自動変換した例

GoMoのサービスサイト上で変換したいウェブサイトのURLを入力すると、文字や写真、メニューなどのレイアウトを、スマートフォンの画面サイズやユーザーインターフェースに適した形に整えて保存することができる(写真)。メニューの配置や色調などは細かくカスタマイズ可能。ただし、Flashやフレームなどを多用した複雑なウェブサイトは自動変換できない。

グーグル日本法人は、中小企業向けホームページ作成サービス「みんなのビジネスオンライン」を始めるなど、中小企業・個人事業主を広告商品の顧客として掘り起こす取り組みを推進している。GoMoでは、比較的小規模なウェブサイトを持つ中小企業を対象に、既存のウェブサイトをスマートフォン用サイトに作り替える手間を省く手段を提供する。グーグルが扱う「アドセンス」「アドワーズ」など中小企業向け広告商品の拡販につなげる狙いもある。

(ITpro 清嶋直樹)

[ITpro 2012年11月28日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]