/

「首相にふさわしい」は菅氏、経済対策は小沢氏と拮抗

クイックVote民主代表選第1回緊急調査 投票結果

日本経済新聞が電子版の無料・有料登録会員に、9月1日告示・14日投票の民主党代表選で直接対決する菅直人首相と小沢一郎前幹事長のどちらが首相にふさわしいかを聞いたところ、66.6%が菅首相を選びました。小沢氏への支持はその半分の33.4%にとどまりました。

菅首相を支持した読者からは「政治とカネの疑惑を持たれている小沢氏が首相になるのはおかしい」「短期間で首相を代えるべきではない」といった意見が目立ちました。小沢氏を選んだ読者からは「日本には強力なリーダーが必要」と、剛腕ぶりを評価する声が多く寄せられました。

「菅・小沢両氏のどちらが有効な経済対策を打てるか」の質問では小沢氏が50.7%、菅氏が49.3%とほぼ拮抗(きっこう)。「与党が一致して菅首相を支えればリーダーシップを取り戻せる」「小沢氏は政財界に影響力がある」などの意見が出ました。

男女別の回答をみると、「首相にふさわしい人」ではともに約3分の2が菅氏を選択しました。一方、経済対策に関する質問で菅氏を支持した女性は56%と男性の48%を大きく上回りました。

調査は26日から27日にかけて実施しました。2ページ目以降で読者の主な声をご紹介します。

▼回答者の内訳
回答総数8123
男性95%
女性5%
20代5%
30代17%
40代24%
50代27%
60代22%
70代5%
80代以上1%

首相にふさわしいのは菅首相と答えた人の意見

50代男性
1年交代が続いてきた日本の首相を、党内事情でさらに短期間ですげかえようとするのは、政治家としてのセンスが疑われる。そのうえでさらに候補が小沢氏である点から、有権者の理解を得る気がないとしか思えない。
70代男性
庶民に与えるクリーン度の印象が格段に異なる。
60代男性
政策の見直しができない人はだめ。消費税増税に賛成です
30代男性
小沢さんが政治家として力があることは分かるが、首相の器かどうか、欧米との協調が図れるのか、疑問がある。まぁ、菅さんも似たようなものだが。
50代男性
小沢前幹事長は本人が前面に出ないで、政治を操る傾向に好感が持てないし、政治とカネの問題についても国民に説明するといいながら、現実的には逃げている。
50代男性
鳩山前首相と刺し違えて幹事長を辞任したのに、半年もしないうちに首相になるのはおかしい。
60代男性
国民不在で民主党が代表選に奔走しているのに怒りを感じる。今後起訴される可能性がある人に国民が支持するでしょうか。また、首相が次から次と代わる日本が海外から信頼されるとはとても思えない。
40代男性
検察審査会で起訴相当とまで判定されている人が、組織の顔になれるという感覚が一般では信じられない。コンプライアンスは政治家・政党には存在していないのだろうか。
30代男性
小沢氏は、時代が変化したことを理解していない。時代(国民)が「ねじれ」を選択している理由を考えたら「剛腕」が通用しないことは明白。
50代男性
どちらがいいではなく、この様な経済状態のまま放置しているわけではないのだろうが陣取り合戦をやっている暇があるのか。また、どんなに力があっても検察から追及される恐れのある方が総理になってはいけない
50代男性
小沢前幹事長を選出するようであれば、民主党も「政治とカネ」の日本政治の旧体質から全く脱却できない。
40代男性
もう、首相交代はやめてください。誰がなっても結局同じならせめて長く務めてください。

小沢前幹事長が首相にふさわしいと答えた人の意見

50代男性
菅氏には失望した。これ以上継続されたら、本当に日本は奈落の底に落ちる。問題はあっても、最後のジョーカーの登場。こういう形でしか小沢氏が首相に立候補することはなかったのだろうから、運命的なものを感じる。
50代男性
米国にも中国にも日本の意志をしっかり手伝え実行できるのは小沢さんしかいない。中小企業の経営者には小沢ファンが多く国家の経営を待望している人が多いです。カネの問題より国民の為になる政治家が必要です
40代男性
今の日本には、胆力のあるトップが必要。その資質をもっているのは小沢さんだと思う。政治とカネの問題も大事だが、そこにはあえて目をつぶってでも、小沢さんに首相をやってもらいたい。
40代男性
野党も含めたリーダーシップが取れるのは小沢さんだから。また、国民として、とことんムダの排除、予算の組み替えをやってほしい。それができるのは、小沢さん。
60代男性
今の日本には強力なリーダーが必要である。多少強引なところがあるが、この際小沢氏に期待したい。
40代男性
良きにつけ、悪きにつけ小沢さんの方が貫禄があり押しが利く、小沢さんが中国、韓国に寄り過ぎなければなおよい。どちらにしても究極の選択である。
50代男性
個人的には菅首相に傾倒するが、自己責任で即断即決できる人物は小沢さんだけ。
60代男性
公務員改革や成長戦略など野党との調整などリーダシップを発揮できる。今は異常時である。過去の継続や他の顔色を伺うやり方では、スピードが遅すぎる。金銭問題があるが、今後の日本の舵取りは小沢さんしかできない。
60代男性
円高対策をはじめ不況対策を大至急打ち出す必要がある。緊急の事態打開のため、少しは毒がある薬もこの際必要ではないか。

有効な経済対策を打てるのは菅首相と答えた人の意見

30代男性
小沢さんは旧来の、国債に頼った、バラマキ、公共事業の経済対策イメージ。菅さんは、IT化や環境、新分野など、活力ある、次につながる経済対策のイメージ。
30代男性
この時期に権力闘争をしている時点で、有効な経済対策なんて打てる気がしません。
50代男性
経済対策は首相が1人で立てるわけではない。奇策があるわけではなく、淡々とただしメッセージ性は高めながら進めていくのみ。
40代男性
菅首相は、本来は思い切ったことができる人のはず。与党が一致して支えることができれば、リーダーシップを取り戻せるのではないか。足を引っ張る人が多すぎる。
50代男性
菅氏のほうが国民目線で見る気がする。
30代女性
小沢さんは財源についての危機感を少しも感じられない。我々がやってほしいのは経済政策と財政再建の両方。バラマキ以外の政策で選挙に勝とうという気がない。
60代男性
従来の政策が有効でなかったのが今日の日本の低迷を招いたと思います。小沢さんは田中派、経世会の公共事業中心の景気浮揚のイメージが強く無理ではないでしょうか。
60代男性
近視眼的な対策より、日本再生の進路を示してほしいが、どちらでも変わり映えしないであろうというのが難点。

 ▼有効な経済対策を打てるのは小沢前幹事長と答えた人の意見

50代男性
これまた消去法です。菅さんではダメなことがはっきりしたので、まだ未知数部分のある小沢さんに一票。
40代男性
菅さんは官僚と対決は出来るが、能力を有効に利用できない。
40代男性
ワンマンで人の意見を聞かない分、実行力はあるでしょうが外れたら最悪でしょうね。選択肢にどちらもふさわしくないという項目があれば、どちらもふさわしくないに 「◎」 です。
30代女性
消去法で。現時点で「打てていない」人と「もしかしたら打てるかも」という人とで比べただけで期待しているわけではない。
50代男性
菅首相では、限られた予算を政治主導でダイナミックに振り分けることができない。
50代男性
130年におよぶ官僚主導体制を打破できるかどうかの瀬戸際です。政治家の大義は、ぶれない、ということ。衆院選のマニフェストを徹底実行できるのは小沢氏しかいない。政治と金の問題に矮小化しないでほしい。
30代男性
個人的に好きか嫌いかと問われたら、嫌いなんですけど現在の経済情勢を変えてくれるかもしれないと思わせるパワーがあるのは事実なので、小沢前幹事長の方が良いと思います。
60代男性
官民財界に対する影響力がある。
50代男性
自民との大連立でも検討されるのであれば有効な対策もありかと思います。その際はやはり小沢氏のリーダーシップ(強さ)が必要でしょう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン