2019年4月24日(水)

アップルに翻弄され続ける日本 山場は夏の「iPhone5」
ジャーナリスト 石川 温

(1/4ページ)
2012/1/1 7:00
保存
共有
印刷
その他

スマートフォンブームに沸いた2011年。その話題の中心は米アップルのiPhoneだった。「iPhone5」が登場すると思いきや、10月4日に発表されたのは「iPhone 4S」。当初は肩すかしを食らった印象を受けたが、世界中で爆発的なヒット商品になっている。11年12月以降は日本メーカーによるワンセグおサイフケータイ、赤外線通信、LTEWiMAXといった高速通信機能までを積んだ「全部入りスマートフォン」が売られているが、それでもiPhoneの人気は衰えず、不動のものになった。

米アップルのiPhone 4S

米アップルのiPhone 4S

では12年はどういう1年になるのか。夏にも発売される「iPhone5」を巡る携帯電話業界の行方を、日本の3大携帯電話会社の思惑と重ねながら予測してみよう。

■ネット品質に自信を持つKDDIの悩み

日本でiPhone人気がいっそう過熱したのは、11年10月にKDDIが取り扱いを始めたことが大きく効いている。KDDIは、つながりやすいとされる800MHz帯周波数を使ったネットワークを生かし、「iPhoneにもっとつながりを」とアピールする。11年末からゴルフ場や地下、鍾乳洞などKDDIのiPhoneが使えて、ソフトバンクモバイルが圏外になる場所をピンポイントで紹介して、エリアの充実度をアピールするCMを放映。一般にも広く「つながる」ことをアピールしている。

KDDIではネットワーク品質に圧倒的な自信を持っている。ソフトバンクの孫正義社長が決算会見で「ドコモ並みの接続率を誇る」としていたのに対し、KDDIは山手線内で実施した独自調査結果を公開。スループット測定サイトに接続した結果、KDDIがエラー率0%だったのに対し、ドコモは4.3%、ソフトバンクは11.3%で、大きく差が出たという。山間部でも「ソフトバンクのエリアマップでは圏内と書いてあるが、実際は圏外という場所も多い。圏内でもダウンロード速度は遅く、接続遅延(レイテンシ)も大きかった」(KDDI関係者)。

ソフトバンクは山間部などでは衛星回線を経由してエリアを構築している。衛星回線は安価にネットワークを広げるためには最適だが、通信速度は決して速くない。その点KDDIは、山間部でも光ファイバーなどを敷設してネットワークを構築している。この方式ではコストはかかるものの、安定した速度を提供できる。

その一方で、iPhoneの取り扱いノウハウがまだ蓄積されていないことがKDDIの大きな悩みとなっている。「我々にはまだiPhoneの販売に対する知見がない。日本国内に入ってくる在庫も少なく、お客さまにご迷惑をおかけしている状態が続いている」(KDDIの田中孝司社長)。端末の流通や在庫の調整がうまくいっておらず、消費者の需要を満たせていないのだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報