マイクロソフト、iPad向けに「オフィス」

2014/3/28付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】米マイクロソフトは27日、主力の事務統合ソフト「オフィス」を米アップルのタブレット端末「iPad(アイパッド)」向けに提供すると発表した。主にパソコンで使えるようにしていた従来の方針を転換した。日本での対応時期は未定。

2月に就任したサトヤ・ナデラ最高経営責任者(CEO)は発表会で「10億を超える利用者がオフィスをあらゆる機器で使えるようにする」と述べた。

マイクロソフトは27日からアイパッド上で文書ソフト「ワード」や表計算の「エクセル」、プレゼンテーション用文書作成の「パワーポイント」のアプリ(応用ソフト)提供を始めた。無料でファイルを閲覧できるが、編集するには有料の「オフィス365」の会員になる必要がある。

アップルのティム・クックCEOはツイッター上で「アイパッドにようこそ」と歓迎の意向を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]