/

この記事は会員限定です

フェイスブックの巨額買収が紡ぐ"おとぎ話"

[有料会員限定]

最初は何かの間違いかと思った。交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが2月19日に発表したチャット(対話)アプリの運営会社、米ワッツアップ(カリフォルニア州)の買収話だ。設立からわずか5年、社員50人あまりの企業にフェイスブックは190億ドル(約1兆9400億円)をつぎ込む。この巨額買収の影響を改めて考えてみたい。

本社の住所には韓国スーパーが…

カリフォルニア州サンタクララ市。米アップルの本社から車で10分ほどのところに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3348文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン