日朝局長級協議2日目、伊原氏「真摯に意見交換」

2014/5/28付
保存
共有
印刷
その他

【ストックホルム=宮坂正太郎】日本と北朝鮮は27日午後9時頃(日本時間午前4時頃)、スウェーデンのストックホルムで開いている外務省局長級による政府間協議の2日目の交渉を終えた。日本側代表の伊原純一アジア大洋州局長は協議終了後、記者団に対し「厳しいやり取りもあったが、全体として真剣に真摯な姿勢で意見交換できた」と述べた。

伊原氏は具体的な協議の中身については明らかにしなかった。2日目の協議は現地時間の午前10時前に始まり、当初の想定を超えて、断続的に午後9時頃まで続けられた。伊原氏によると、実質的な協議時間は5時間程度だったという。協議は28日に最終日を迎える。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]