2019年8月26日(月)

USBメモリー使い安全に オンライン銀向けサービス

2013/12/28付
保存
共有
印刷
その他

セコムトラストシステムズは2013年12月27日、オンラインバンキング事業者(銀行)向けに、マルウエアによる攻撃やフィッシング詐欺などから顧客を守るネットワークサービス「セコムプレミアムネットサービス」を発表した。2014年1月10日に提供を始める。

同サービスは、専用端末と専用のアクセス経路を利用することで、顧客の安全を確保する仕組み。具体的には、USBメモリーから専用OSを起動することで、パソコンに感染したマルウエアによる攻撃を無効にする。さらに、オンラインバンキング事業者への接続には、セコムトラストシステムズのデータセンターを介してアクセスすることで、攻撃者のサイトへの不正接続を防ぐ。

USBメモリーにはLinuxをベースにした専用OSが入っており、これをインターネットに接続可能なパソコンに挿して起動する。簡単なメニューを選ぶことで、デジタル証明書による認証を経てVPN(仮想閉域網)接続が確立し、Webブラウザーでのアクセスが可能になる。無線LAN設定などはUSBメモリー内に保存しておくことができる。

データセンター側では、デジタル証明書で端末を認証し、端末との間でVPNコネクションを張る。端末はそもそも、セコムトラストシステムズのデータセンター以外の通信先とは通信しない仕組み。データセンターからインターネットへ出て行くWebアクセスについてはURLフィルタリングをかけており、オンラインバンキングのサイトに限ってアクセスを許可する。

サービスの価格(税別)は、初期費用が100万円からで基本料金は月額5万円。端末ごとにかかる従量料金は1端末当たり月額500円。

(ITpro 日川佳三)

[ITpro 2013年12月27日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。