動き出す「マイナンバー」計画 IT投資に2000億円超
システム調達の失敗を糧に"政府CIO"を設置

(1/5ページ)
2012/8/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 国民一人ひとりに番号を割り当てる「マイナンバー(共通番号)」の導入に向け、必要となるIT基盤の検討が進んでいる。システム構築には2000億円以上が投じられる見込みで、政府は調達を監督する専任のCIO(最高情報責任者)を置き、一部を民間に開放する議論も始めた。その成否は電子行政サービスに対する政府の本気度を占うことになりそうだ。

個人に割り当てた番号で、徴税や年金業務を効率化する「マイナンバー(共…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]