MWC2013

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ドコモが年内製品化 新OS「Tizen」が発進
ジャーナリスト 石川 温

(1/3ページ)
2013/2/27 19:47
共有
保存
印刷
その他

 オープンソースのモバイル端末向けOS(基本ソフト)「Tizen(タイゼン)」を展開するTizenアソシエーションは、スペイン・バルセロナで開催中の「Mobile World Congress(MWC)2013」で、Tizenの現状や今後の展開を説明した。スマートフォン(スマホ)の「第3のOS」を目指し有力な携帯電話会社やメーカーが集結したTizenからは、年内に製品が登場し、その姿を具体化させる。

Tizenが動作するスマートフォン(韓国サムスン電子製)
画像の拡大

Tizenが動作するスマートフォン(韓国サムスン電子製)

■初号機はサムスン製、ドコモも年内製品化

 TizenはWebページ作成の次世代言語「HTML5」をベースにしたモバイルプラットフォームで、今回のMWCでKDDIが製品化を発表した「FirefoxOS」と方向性が近い。

 Tizenの推進企業には、韓国サムスン電子を筆頭に、米インテル、中国ファーウェイ(華為技術)、NEC、富士通、パナソニックモバイルコミュニケーションズといったメーカーや、NTTドコモ、仏オレンジ(フランステレコム)、韓国KT、同SKテレコム、英ボーダフォン、米スプリント・ネクステルなどの携帯電話会社が名を連ねる。Tizenアソシエーションの議長はNTTドコモの永田清人氏が務める。

 これまでサムスン電子は独自に「SLP(Samsung Linux Platform)」を展開し、米インテルも「Meego(ミーゴ)」と呼ぶプラットフォームを手がけていた。Tizenはこれら企業が集結し、HTML5をベースにした新たなモバイル向けプラットフォームとして誕生した。

 Tizen初号機の製造メーカーは、当然ながらサムスン電子製になるとみられている。「サムスンはTizenに本気で取り組んでいる。(サムスンが独自に手がけるスマホ向けプラットフォーム)『bada』のメンバーがベースであったが、いまでは毎週のように開発メンバーが増えており、急ピッチで開発を進めている」(サムスン関係者)という。

 FirefoxOSはどちらかというと、新興国向けの安価なスマホから製品化が始まるようだが、TizenはグーグルのOS「Android」でGALAXYシリーズを手がけるサムスン電子が製品化するため、ミドルからハイエンドにかけて商品となりそうだ。永田氏は「サムスンが手がけることで、いいデバイスを期待できるのではないか」と語る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

MWC2013 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ウブントゥ」を搭載したスマートフォンのイメージ。中央が「ウエルカムスクリーン」

スマホOS、第3勢力の有望株「ウブントゥ」の侮れない実力

 スマートフォン(スマホ)の基本ソフト(OS)を巡る競争が熱を帯びている。2月下旬に開かれた携帯電話の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2013」では「ファイヤーフォックスOS」と「タイ…続き (2013/3/7)

中興通訊(ZTE)が今夏に発売する「ZTEオープン」。ファイヤーフォックスOSを搭載する

スマホ業界に地殻変動 「第3のOS」は何を狙う [有料会員限定]

 2月28日までスペイン・バルセロナで開かれた携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2013」では、米モジラ財団の「ファイヤーフォックスOS」など新たな基本ソフト(OS)が、「第3の…続き (2013/3/2)

米ゼネラルモータースのIVIシステム

タブレット並みの機能持つ「賢いクルマ」が続々

 2013年2月25日~28日にスペイン・バルセロナで開催されたモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2013」では、自動車のダッシュボードに埋め込まれた高機能なIVI(In…続き (2013/3/2)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月25日(月)

  • IoTの決め手は職業研修と教育にあり ドイツがIoT導入を政府によるトップダウンで行う理由(第2回)
  • Lastpassから1Passwordへ乗り換える方法
  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月25日付

2017年9月25日付

・火災、IoTで遠隔通知、岩崎通信機など
・「勝ちには力、負けには夢」 ロボコンの父、森東工大名誉教授に聞く
・心筋細胞で動く微小装置 阪大、拍動に合わせ屈曲
・クラボウ、高速で欠陥品判別 飲料ペットボトルの画像診断装置開発
・テルモ、米国でカテーテルの開発体制整備 拠点統合や研修施設
…続き

[PR]

関連媒体サイト