/

この記事は会員限定です

Webが"読む"から"使う"に進化

変貌する「ネットの常識」(5)

[有料会員限定]
 2011年に大きな変化が起こる可能性が高いインターネット関連の5大トピックを解説する本連載の最終回は、「Webブラウザー/Webサイト」を取り上げます。Webページを記述するときに使うマークアップ(タグ付け)言語の最新版「HTML5」への対応が、ブラウザー側でもWebサイト側でも2011年に本格化しそうです。ブラウザー市場で高いシェアを誇るInternet Explorer(IE)の最新版「IE9」の提供が2011年中に始まることによって、HTML5で規定する様々な仕様に準拠したWebアプリケーションの投入が加速すると見られるからです。ブラウザーでWebページを読むだけだったサイトが次々と、"使うサイト"に変貌していきます。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン