地下鉄トンネル、携帯「圏内」化は意外に難工事

(1/2ページ)
2011/1/30 7:00
保存
共有
印刷
その他

東京都内を走る都営地下鉄と東京メトロの地下鉄トンネル内でも携帯電話が使えるようになる。主要な区間には早ければ年内にもアンテナが設置される見通しだが、なぜもっと早く「圏内」にできなかったのか。そこには、入り組んだ東京の地下鉄ならではの事情もあったようだ。

東京都庁で東京都の猪瀬直樹副知事(左)と会談するソフトバンクの孫正義社長(共同)

東京都庁で東京都の猪瀬直樹副知事(左)と会談するソフトバンクの孫正義社長(共同)

地下鉄トンネルへのアンテナ設置が具体化したのは、ミニブログ「Twitter(ツイッター)」でのある会社員のつぶやきがきっかけ。それがソフトバンクの孫正義社長と東京都の猪瀬直樹副知事とのツイッターのやり取りにつながり、1月20日の会談で都営地下鉄の圏内化が決まった。東京メトロも同日、対応する意向を表明した。

都内の地下鉄はホームやコンコースなど駅構内にはすでに携帯電話用の基地局設備やアンテナが設置されている。地下はスペースに限りがあるため、携帯電話各社が個別に置くのではなく、関連17社で組織する「移動通信基盤整備協会(JMCIA)」を通じて共用の装置とアンテナを設置している。

一方、トンネル内はこれまで手つかずで、都営地下鉄を管轄する東京都交通局は「ユーザーから要望が多い課題だった」という。都交通局は継続的にJMCIAとインフラ整備に向けた協議を続けていたが、今回の"トップ交渉"でにわかに話が進展した格好だ。

ただ、現時点ではまだトンネル内の調査も始っておらず、業界には「どれくらいの工事になるか想定がつかない」との声もある。国内ではすでに福岡市地下鉄などがトンネル内にアンテナを設置しているが、都内の地下鉄は規模がケタ違いで、トンネル内の状況も異なるからだ。

■曲がりくねって工法もまちまち

都内の地下鉄にアンテナを設置しにくい理由の一つは、カーブの多さとアップダウンの激しさ。こうしたトンネル内に電波を行きわたらせるには多くのアンテナを最適な場所に配置する必要がある。ただトンネル内での作業は、安全のため終電後に始めて1日で実質2~3時間程度しかできないため、調査だけでも相当な時間がかかると予想される。

もう1つの難しさは、路線の建設時期や工法によってトンネルの構造が異なること。例えば、古くからある東京メトロ銀座線や丸ノ内線は線路脇に設けた専用レールから給電する仕組みで、天井に架線がなく隙間も狭い。一方、南北線のように1つのトンネルに双方向の車両を走らせている路線もある。

そのため実際の工事では、主に3つの方法を使い分けてアンテナを設置していくことになりそうだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連記事

電子版トップ



[PR]