「学歴不問」はウソ? 厳しい企業の本音

(8/17ページ)
2012/11/28 7:00
保存
共有
印刷
その他

読者からのコメント
30歳代男性(医療)
大学は就職活動を学ぶ場所ではない。
50歳代男性(自動車、輸送機器)
基本的には個人の問題であるが、頭の資質を図るという観点では十分に関係があると思う。フィルターとして重宝される指標になると思う。
40歳代男性(金融・証券・保険)
相関はかなり高いと思うが、例外もある。下位校出身であっても向上心が強く、逆境にも負けない人も多い。
50歳代男性(自動車、輸送機器)
20代の若者を評価する場合、学歴が最も公平な尺度と考えている。学歴を取得する過程での知識の習得と競争を勝ち抜く気力・体力は今後も必要。
60歳代男性(教育・教育学習支援関係)
学歴が高ければ仕事が出来る、との仮説が100%正しいとは思わないが、仕事が出来る学生の学歴は概して高いのは事実だろう。特にグローバル化が進む中で語学力の差は大きい。
就職するまでの人間形成は、周りの環境で作られる。優秀な人材の中で、青春果敢な時期を、鍛えられた心身は、これからの仕事に生かされる。
20歳代男性
ある程度の統計的な相関関係が見られる、くらいでしょうか。だからこそフィルターとして有効といえそうです。
「学力(偏差値)=問題解決能力高」を「2+3=5」としたときに、「5」が欲しいのに「1+2+2」等の人材を捨てる危険な方法。「5→?(どんな和)」で考えるべきと感じる。
60歳代男性
例外はある。しかし、名門大学へ合格したという努力、能力の実績はそれなりの価値がある。採用担当者の能力があれば、より門戸を広げるべ手だが、現状では、名門校から採用したほうが、リスクは少ない。
50歳代男性(その他)
学生の人となりを見ただけでは判断できない分、最終学歴はその一つの判断材料になる。仕事の進め方や語学、文章力など基礎学力以上のものが既に備わっていること有り難い。
60歳代男性(その他)
担当する仕事内容による。
60歳代男性(その他)
自分が総合商社に40年近く勤務して観察した結果では、東大出で仕事ができる人は多いが、出来ない人も多い。会社人としての向き、不向きが大きく左右する。いくら頭脳明晰でも、実行力が伴わねば、ダメ。
どちらかと言えばそう思う。私も俗に言う地方私立大学で偏差値下位校出身,大学で選別されるのも仕方がないと思います。。しかし,一流大学出身も全てが仕事において優秀ではない思います(そう見えます)。
50歳代男性(卸売・小売業・商社など)
一定の知力があれば、それ以外の部分(行動力、発想力、思考力、対人能力、語学力等)が実際の会社の仕事では有効であり、有名大学を卒業したからと言ってこれらの能力を有しているとは限らない。
絶対ではないがかなり相関がある。学歴(出身校)も一つの指標として有効である。例外はあるが、だからといって相関を否定するのは論理的ではない。例外を見つけるために学歴を無視するというのもどうかと思う。
50歳代男性(放送・広告・出版・マスコミ)
最近はMARCHクラスでも推薦入学が多く、出身高校(系列ではない進学校で選ぶ)を見た方が確実性は高まる。

続きは次ページに掲載

  • 前へ
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

「就活探偵」アーカイブ

母と子の就活戦争


新入社員ここから講座

電子版トップ



[PR]