/

エバーノートとモレスキンが提携、「デジタルとアナログの橋渡しに」

2012年8月24日に米国サンフランシスコで行われた米エバーノートの開発者会議「Evernote Trunk Conference」で、同社CEOのフィル・リービン氏は、イタリアの手帳メーカー、モレスキンとの提携を発表した。モレスキンの手帳に書いたメモをデジタル化し、コンテンツ共有サービスEvernoteの「ノート」として取り込む。

同会議の基調講演には、モレスキンCEOのアリーゴ・ベルーニ氏が登場。今回の提携がデジタルとアナログの橋渡しになるものだと語った(写真1)。リービン氏は、「両社の関係は始まったばかり」とし、今後の協業拡大の姿勢を示した。

今回の提携に合わせてモレスキンは、独自のテクスチャーと専用のシールが入ったEvernote特製の手帳「スマートノートブック」を発売する。大きさと罫が異なる4種類の製品がある(写真2、3)。

Evernoteは、iOS版アプリの新機能として「ページカメラ」と呼ぶスキャン機能を用意した。メモに貼りつけたシールを読み込んで、ノートを自動分類する(写真4)。シールに対応するタグはあらかじめ用意されるが、ユーザーが好みで設定できる。

製品は、小型の「ポケット」と大型の「ラージ」の2種類があり、価格はそれぞれ24.95ドル、29.95ドル。発売は10月1日で、会議当日から事前注文を受け付けている。

(ITpro 菊池隆裕)

[ITpro 2012年8月25日掲載]

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン