/

Android用の新Firefox、「標準ブラウザーに比べて3倍速い」

写真1 新しいAndroid版Firefoxのシンプルな画面

Webブラウザーを開発している米非営利組織Mozilla Foundationは2012年6月26日夜(日本時間)、Android端末用のWebブラウザー「Firefox」を新たにリリースした(

写真2 事前に実施した説明会でAndroid版Firefoxの特徴を説明するMozilla Japanテクニカルマーケティングの浅井智也氏

写真1)。同日からGoogleのアプリ配信マーケット「Google Play」において無償でダウンロードできる。Android 4.0など既存のAndroid端末の多くで動作する。

写真3 描画性能の比較を表したグラフ。Android標準ブラウザーに比べて3倍以上高速という

Mozillaは2011年3月、既にAndroid版のFirefoxをリリースしていたが、全面リニューアルし、再リリースした。内部設計からユーザーインターフェースに至るまで全面的に見直しており、旧Firefoxとは別のソフトになっている。

開発を担当したMozilla Japanテクニカルマーケティングの浅井智也氏(写真2)は「基本動作は旧Firefoxの2~3倍高速になっており、Android最速ブラウザーに仕上がっている」と語る。Mozillaが示したベンチマークテストでは、「HTML5 Canvas」の描画で、Android 4.0標準搭載のWebブラウザーに比べて、新Firefoxは3倍以上の性能だった(写真3)。画面スクロールでも標準ブラウザー比で新Firefoxは1.5倍の性能という。

片手・親指での操作に配慮した設計

高速化のために、内部設計面で、描画や演算などの内部処理をマルチスレッド化してスピードアップした。アニメーションなどに使うプラグイン「Adobe Flash」も高速で動作する。

ユーザーインターフェース面では、Android端末が片手で使われることを想定し、よく使うボタン類を画面右上に集中配置して右手親指だけで操作できるようにした。豊富に用意されている「アドオン」で操作感を細かくカスタマイズできる。パソコン上でFirefoxを使っている人は、12桁の番号を基に、ブックマークや個人設定などをAndroidに同期させて使える。

Mozilla独自のマーケットプレイスも

Mozillaは同日、Webアプリケーションの配信マーケット「Mozilla Marketplace」を2012年内にリリースする意向も表明した。現状では、米Appleの「App Store」、Googleの「Google Play」、Microsoftの「Marketplace」など、プラットフォーム・デバイスごとにアプリケーション配信の仕組みが併存している。

Mozillaはこれらとは異なる考えから、HTML5が動作するWebブラウザーさえあれば、どんなプラットフォームでも動作する「Webアプリケーション」を集めて配信する考えだ。既存の様々なベンダーに対して中立であるMozillaの立場を生かし、「デバイスやOSなどを問わずに動作するアプリケーションをみんなで作って自由に配信できる場を作りたい」(浅井氏)としている。

(ITpro 清嶋直樹)

[ITpro 2012年6月26日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン