/

この記事は会員限定です

5機種をテスト 価格と精度の関係は

需要急増の放射線量計(2)

[有料会員限定]
 空間線量を手軽に測定できる放射線量計への需要の急速な高まりを受け、エステーや岩通計測などが次々と同市場に参入。2011年後半以降、10万円を切る低価格品が増えた。低料金のレンタルやリースサービスも登場している。特にエステーは2011年10月に9800円、2012年2月には7900円の製品を発売し、話題を呼んだ。エステーはなぜこれほどの低価格を実現できたのか。また、価格と精度の関係はどうなっているのか。日経エレクトロニクス誌が、高価格品から低価格品まで5機種の放射線量計を入手し、首都圏の某所にて空間線量を測定してみた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン