2018年8月21日(火)

MS、移行ツールの無償提供も 初心者でも安心・手軽 XPサポート終了への備え(下)
フリーライター 竹内 亮介

(1/4ページ)
2014/3/29 7:00
保存
共有
印刷
その他

 マイクロソフトは4月8日(日本時間9日)、「ウィンドウズXP」のサポートを終了する。多くの人に使われ、なんと13年近くにわたってサポートを続けてきたロングセラーOSだが、セキュリティーパッチなどの提供が終了するため、そのまま使い続けると、非常に危険な状態になる。

 早々に新しいパソコンに乗り換える必要があるが、今まで使ってきたファイルをどう引っ越しすればいいのか、悩んでいるユーザーも多いだろう。今回はそうした「パソコン引っ越し」を楽にしてくれる各種ツールを紹介しよう。

■新OSには転送ツールがバンドルされている

今回はツールを使った引っ越し作業を紹介しよう

今回はツールを使った引っ越し作業を紹介しよう

 実は、マイクロソフトの新OSには「Windows転送ツール」というファイルの引っ越しを行うための転送ツールが付いてくる。今回取り上げるウィンドウズ8/8.1だけでなく、ウィンドウズVistaや7でも同じだ。雑誌などで取り上げられることが少ないので知らないユーザーも多いようだが、操作は簡単で、ファイルや基本的な設定を移行する程度なら十分な機能がある。

 ただし悩ましいのが「8.1のWindows転送ツールはXPでは利用できない」ということだ。こうした背景もあり、マイクロソフトではXPから8.1への引っ越しで利用できる転送ツール「ファイナルパソコンデータ引っ越しeXPress」を無料で提供している。8のWindows転送ツールは、XPでも利用できる。

 このほかに市販の引っ越しツールもある。例えば「ファイナルパソコンデータ引越し」シリーズの発売元であるAOSテクノロジーズでは、最新版の「ファイナルパソコンデータ引越し 11plus」を販売している(ダウンロード版の直販価格は税込み2980円)。移行元や移行先のOSに制限がないうえ、ファイルだけでなくインストールされたアプリの移行も可能など、機能は充実している。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報