大手銀のネットバンクに不正画面、個人情報狙いか

2012/10/28付
保存
共有
印刷
その他

ゆうちょ銀行のホームページに掲載された不正な画面のイメージ

ゆうちょ銀行のホームページに掲載された不正な画面のイメージ

ゆうちょ銀行と三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングのホームページ(HP)上で、顧客の暗証番号などの入力を求める不正な画面が表示されるケースのあることが27日までに分かった。

銀行側のサーバーには異常がなく、一部の利用者しか画面が表示されないことから、警察庁はパソコンなどをウイルス感染させて偽画面を表示させ、個人情報を入手する新たな手口とみて、注意を呼び掛けている。

3銀行で計5件のケースが確認されており、警察当局は捜査を開始し、ウイルスの有無を確認するため、画面が表示された利用者にパソコンなどのデータ提供を求めている。捜査関係者によると、不正アクセス禁止法違反の疑いもあるという。警察庁によると、27日夕までに不正送金などの被害は確認されていない。

3銀行のHPにログイン後「システムのメンテナンスや機能の向上のためにお客さま情報の再入力をお願いします」などとする画面が表示され、ネット取引で使う暗証番号や本人確認のための合言葉などを入力するよう求める例が確認された。

これまでの個人情報抜き取りは、偽サイトに誘導してID・パスワードを入力させるなどの手口だった。正規のHPでログイン後に不正な画面が表示されるケースは初めてという。

警察庁の担当者は「ログイン後にあらためてパスワードなどの入力を求められることはない。対策ソフトなどで不正なウイルスに感染してないか確認してほしい」と話している。

三菱東京UFJ銀行によると、23日に不正な画面が表示されると客から連絡があり発覚した。3銀行はHP上で注意を呼び掛けている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]