同僚は「機械」 消え行くホワイトカラーの仕事
クラウド時代のサバイバル(3)

(1/6ページ)
2014/4/9 7:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2020年、ホワイトカラーという職種は、ごく限られた一部の人を指すようになっているかもしれない。膨大なデータを基に、自律的に判断して業務をこなす「スマートマシン」の台頭が、現在のホワイトカラーの業務を奪っていく可能性が高いからだ。既に米国では、医療分野やコールセンター業務などで、スマートマシンの実証実験が始まっている。同僚は「機械」という未来は、すぐそこまで迫っている。

既存市場を飲み込むICT…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]