2018年11月21日(水)

個人間の空き部屋ネット仲介、日本でも成長
エアB&BのチェスキーCEOインタビュー

(1/2ページ)
2012/11/3 3:30
保存
共有
印刷
その他

個人間の空き部屋賃貸を仲介するネットサービスで急成長する米エアビーアンドビー(エアB&B)。ベンチャーキャピタル(VC)などによる試算では、非上場ながらも企業価値は約25億ドルといわれる。共同創業者のブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)に会社誕生の由来や今後の展開などについて聞いた。

米エアB&Bのブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)。サンフランシスコ市内のオフィスで。

米エアB&Bのブライアン・チェスキー最高経営責任者(CEO)。サンフランシスコ市内のオフィスで。

――空き部屋を貸すというアイデアはどうして生まれたのか。

「工業デザイナーとしての仕事を辞めて、ロサンゼルスからサンフランシスコに移った頃、銀行口座に1000ドルしかないのに、家賃が1150ドルに上がって困っていた。その時、次の週末にサンフランシスコで国際的なデザイン見本市が開かれることを知った。すでに市内のあらゆるホテルが満室だったので、自宅を利用して参加者に宿泊場所を提供したらどうだろうかと考えた」

「実際、3人の見本市参加者がうちに泊まった。インドからの参加者もいた。宿泊代は1泊約80ドルだったので、家賃を払うのに十分なもうけを得ることができた。そして、それ以上に世界じゅうからの訪問者を受け入れるという経験が素晴らしかった。寝る場所だけでなく、朝食や市内ガイドなども提供したので、最後には宿泊者といい友達になっていたんだ。とても楽しい経験だったので、こうした体験を誰もが簡単にできるサービスを始めようと思った」

――社名の由来は。

「当時、私は大学の同級生で、共同創業者となるジョー・ゲビア氏と一緒に住んでいた。宿泊人数分のベッドがなかったので、ジョーのアイデアでエアベッド(空気を入れて膨らませる簡易ベッド)を使うことにした。そして、英語で民宿を意味するB&B(ベッド・アンド・ブレックファストの略)をもじって、エアベッド・アンド・ブレックファストと名付けた。これが会社名のエアB&Bの原型となった」

個人間の空き部屋賃貸サイト、米エアビーアンドビー(エアB&B)では、宿泊地や滞在日程を入力すると、利用可能な部屋の料金や写真が一覧表示される

個人間の空き部屋賃貸サイト、米エアビーアンドビー(エアB&B)では、宿泊地や滞在日程を入力すると、利用可能な部屋の料金や写真が一覧表示される

――4年前に3人で始めたエアB&Bだが、今では世界で従業員500人を抱える。急成長する企業のかじ取りは難しくないか。

「外部からは“急成長"といわれているが、内部ではそんなに急激に拡大しているとは感じていない。時速900キロメートル超の飛行機に乗っていても、乗客はそんなに急速に動いていると感じないのと似ているかもしれない。逆にもっと速いスピードで成長できるのを、あえて抑えている状態なんだ。急成長が問題視されるのは、経営者が制御できないほどスピードが出てしまい、経営のかじ取りが危うくなる可能性があるからだ。そういう事態にならないように十分に注意を払っている」

「従業員数は一日で1人から500人になったわけではない。1人から5人、400人から500人と、人数が増えるたびに私も学んでいる。誰を雇うのか、どういいアイデアを生み出すのか、どう目標を浸透させるのか、とかね。(経営者としての)自分が学ぶペースが、従業員が増えるスピードに追い抜かれなければ問題はない」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報