/

この記事は会員限定です

円安で工場は戻ってくるのか

編集委員 西條都夫

[有料会員限定]

4月20日の日経新聞朝刊によると、トヨタ自動車は2015年からケンタッキー工場でレクサスブランドのセダン「ES」を生産するという。約360億円を投資し、現地の雇用も750人規模で増やす見込みだ。消費者に近い場所で生産するのはメーカーの鉄則。米国で人気の高いレクサスの現地生産は不思議なことではないが、この決定はアベノミクスの限界を映すもの、と読むこともできる。

関連記事
・3月14日日経朝刊13面「新日鉄住金、高炉1基休止」
・4月20日日経朝刊9面「トヨタ、レクサスの米国生産発表」
・4月23日日経新聞朝刊13面 「富士重、米増産投資上積み」

デフレをめざすアベノミクスの登場で超...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1194文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン