企業は「マニフェスト」の起票・管理に注意 失敗しない「パソコンの捨て方」(4)

(1/3ページ)
2011/5/31 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 パソコンの夏商戦が始まり、最新仕様の製品が続々と登場してくると、企業ユーザーであっても気になるものです。一般に、大企業では年度末に多数のパソコンを一斉に買い替えることが多いようですが、数台程度なら時期は問わないでしょう。ただし企業が古いパソコンを処分するときは、個人ユーザーとは異なり、「マニフェスト(産業廃棄物管理票)」を起票し、用紙を5年間管理する必要があります。本連載の最終回は、マニフェスト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]