フルHD液晶、カメラも充実 進化した新型「ネクサス7」
フリーライター 竹内 亮介

(1/4ページ)
2013/9/28 7:00
保存
共有
印刷
その他

米グーグルは8月28日、7型液晶を搭載するタブレット端末「ネクサス7」新モデルを日本で発売した。2012年9月に発売された前機種と比べると、液晶ディスプレーのサイズは同じ。しかし内蔵CPUやメモリー容量はもちろん、インターフェースや内蔵カメラの構成なども大きくアップグレードした。前モデルと同じように実勢価格を非常に安く抑えており、魅力的な製品に仕上げている。今回はこのグーグルオリジナルタブレットの進化をチェックしていく。

■本体さらに薄く軽く

低価格ながらもクアッドコアCPUや最新OSを搭載する「ネクサス7」

低価格ながらもクアッドコアCPUや最新OSを搭載する「ネクサス7」

新ネクサス7では、8月28日に発売した無線LANのみ対応の2モデルと、9月13日に発売したLTEにも対応する1モデルの計3モデルを用意する。無線LAN対応モデルは内蔵フラッシュメモリーが16ギガバイトと32ギガバイトの2モデル、LTE対応モデルは32ギガバイトの1モデルのみだ。このほかの仕様は共通だ。

昨年発売された前機種も安かったが、今回も16ギガバイトの無線LAN対応モデルなら実勢価格は2万7800円と機能の割に非常に安い。今回は実勢価格が3万9800円のLTEモデルを試用した。

左が前モデル、右が新モデル。大きさに関しては、並べてよく見ないと違いはよくわからない

左が前モデル、右が新モデル。大きさに関しては、並べてよく見ないと違いはよくわからない

液晶サイズが変わらないので、サイズ感は前モデルと大きな違いはない。前モデルが幅120ミリ高さ198.5ミリであるのに対し、新モデルは幅114ミリ高さ200ミリ。わずかながら幅が狭くなり、高さが増えたが、片手でサッとつかめるサイズなのは変わらない。厚みは10.45ミリから8.65ミリと薄型化しており、比較してみれば新モデルの方がつかみやすい、という印象はある。

重さは前モデルが340グラムだったのに対し、新モデルが290グラム(LTEモデルは299グラム)と300グラムを切る。7型ディスプレーを搭載するタブレットで300グラムを切る製品は非常に少なく、軽量モデルの一つと言って良い。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]