/

この記事は会員限定です

ネット選挙解禁へ半年攻防 「三木谷新経連」の算段

[有料会員限定]

「来年の参院選までに目指したい」。就任したばかりの安倍晋三首相が、インターネットを使った選挙活動の解禁に意欲を示している。楽天の三木谷浩史社長が率いるネット関連企業の経済団体、「新経済連盟(新経連、863社)」は意を強くしているが、実現するかどうかは予断を許さない。次の参院選まではおよそ200日しかない。新経連は年明けから、解禁を既成事実化し、国会議員の機運を後退させないための布石を打つ構えだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン