米国「世界の工場」に シェール革命が変える製造業

(1/3ページ)
2013/10/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 2000年代に入って新しい採掘技術が確立されたことにより、それまでコスト的に見合わなかったシェール層に含まれる天然ガスや原油を、低コストで取り出せるようになった。そして2000年代後半、シェールガス/オイルの生産量が米国で急増し、革命の幕が上がった(図1)。その結果、天然ガスの価格が劇的に低下。電力料金の低下も見込める上、さまざまな有機材料の価格低下や自動車燃料の多様化が期待されている。「シェー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]