/

画面をスライドするとタブレットになる「バイオ」

ソニー「バイオ デュオ11」

ソニーは、ディスプレーをスライドさせればタブレットとしても使えるウルトラブック「バイオ デュオ11」を2012年10月26日に発売した。この「サーフスライダー」方式の採用により、仕事ではキーボードを使い、仕事を離れたときはタブレットにしてコンテンツを楽しめるようにした。タブレットは商談のプレゼンにも向いている。

薄型・軽量のきょう体にインテルi5など最新のCPUを搭載した。スタイラス(ペン)を使って手書き感覚で入力できる。ペン入力に対応した画像切り抜き加工ソフトもあり、ウェブデザインなどビジネス用、年賀状作成などプライベート用に使える。

非接触通信の国際規格NFCを搭載し、対応するスマートフォンなどとワイヤレス接続できる。このほか、無線通信はWiMAX、IEEE802.11b/g/n、ブルートゥース4.0に対応。ウェブカメラは前面207万画素、背面207万画素。実売価格は15万円程度、販売目標は非公表。

【日経産業地域研究所研究員の視点】

ノートパソコン、タブレットの市場はいずれも拡大している。ノートパソコンでは、タブレットとしても使えるハイブリッド型が伸びている。さらにタッチ操作に向いたウィンドウズ8が発売された。

ソニーもバイオの商品戦略として、タッチ対応モデルの強化と、他機器やサービスとの連携に力を入れた。タッチ対応モデルとして、新スタイルを2機種、モバイルノート、A4ノート、デスクトップをそれぞれ1機種の計5機種を用意した。

新スタイルとして提案したのが「デュオ11」とテーブルのようにして使える「タップ20」だ。デュオ11はディスプレー部分がスライドするハイブリッド型だ。薄型・軽量ながら、パソコンの基本性能を凝縮した。

バッテリーは約7時間で、シートバッテリーを装着すると14時間程度使える。接続端子もUSB3.0×2、HDMI×1、ミニD-Sub×1、MS/SDスロット×1、LANコネクター×1で、ビジネスでの実用性が高い。

スタイラスを付属して、ディスプレーを紙のように使える。パソコンで写真を撮り、撮った写真を切り抜いて修正し、合成できる。非接触通信のNFCを搭載しており、音楽、写真、動画をワンタッチで転送できる。SSID識別、機器サーチ、PINコード入力といった煩雑な機器認証・接続作業は必要ない。

ソニーではユーザー像を、仕事も遊びも一生懸命なビジネスパーソンとしている。タブレットとして気軽に使える。キーボードを備えたパソコンとしても、しっかり使える。ペンを使って新しい体験ができる。

写真の撮影・編集などユニークな機能を盛り込んでいるが、それだけに消費者に特徴を伝えるには時間がかかりそうだ。ソニーもその点を考慮して、店頭展示に力を入れる一方、テレビCM、ウェブでの情報発信も開始する。

スライド方式ではエイスースも2011年11月にアンドロイドOSの「スライダーSL101」を発売したが、売れ行きが好調だったため、2012年7月には色違いを追加発売している。ハイブリッド型は一つのジャンルとして確立されつつある。

価格実売15万円程度(SVD11219CJB)
販売目標非公表
発売2012年10月26日
【SVD11219CJB】
OSウィンドウズ8(64ビット)
CPUi5-3317U(1.7GHz)
ディスプレー11.6型(解像度1920×1080)
メーンメモリー4GB
アプリオフィス・ホーム・アンド・ビジネス2010
ストレージSSD128GB
センサーGPS、加速度、ジャイロ、照度、地磁気
バッテリー駆動7時間(充電2.5時間)
大きさ、重さ319.9×199×17.85mm、1.305kg

【ベンチマーク商品】

エイスースの「Eeeパッド スライダーSL101」。2011年10月8日発売。実売3万4800円程度。ディスプレー10.1型(解像度1280×800)。テグラ2(1.0GHz)。メーンメモリー1GB。OSはアンドロイド3.1。オフィスソフトはポラリスオフィスを搭載。ストレージはeMMC32GB。無線はIEEE802.11b/g/n、ブルートゥース2.1。ウェブカメラは前面120万画素、背面500万画素。接続スロットはUSB2.0×1、ミニHDMI出力。メディアスロットはマイクロSD。センサーはGPS、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ。バッテリー駆動8時間、バッテリー充電3時間。大きさ273×180.3×18.3mm。重さ960g。

「新製品ウオッチャー」では、日経産業地域研究所が選んだ注目の新製品を、同業他社や販売店の担当者、評論家など3~5人の専門家が評価。新規性など12項目で競合製品(ベンチマーク商品)と比べた優劣を「非常に優れる」(6点)から「同等」(3点)、「非常に劣る」(0点)までの7段階で各専門家が採点し、その平均を算出しています。

■より詳しく知りたい方は「日経消費ウオッチャー」オンライン・データベース(有料)で

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン