/

ゆとり教育世代女子、楽観的でコスパ感覚は抜群

働く女性の25年 世代別研究(5)

NIKKEI STYLE

 1988年に「日経WOMAN創刊」されてから25年。この四半世紀で、働く女性たちはどのように変化してきたのだろう。そして、今後どのような道を進んでいくのだろうか。「女性と仕事」をメインテーマとするジャーナリストで昭和女子大学特命教授の福沢恵子さんと、世代・トレンド評論家でマーケティングライターとして活躍する牛窪恵さんに話を聞いた。最終回は「ゆとり世代」に迫る。

身の丈で満足し、ハングリー精神とは無縁

20代前半は、いわゆる「ゆとり教育」を受けて育ってきた世代。この世代の特徴は、上の世代に比べて学校では競争や努力を強いられてこなかった分、楽観的でハングリー精神に欠けることがある。「ひと頑張りすればワンランク上に行ける、という状況にあっても、『努力が必要なら結構です』と立ち止まってしまう。若くて伸びしろがあるのに、"これが自分の身の丈に合っている"と満足しがち」と、福沢さん。

同世代の有名人
北野きい(22歳)・剛力彩芽(20歳)・仲里依紗(23歳)・成海璃子(21歳)・西野カナ(23歳)・ローラ(23歳)

しかし学校教育は「ゆとり」でも、就活は厳しかった。2010年実施の川柳コンテストの優秀作品に「ゆとり世代 就職活動 ゆとりない」(レジェンダ・コーポレーション主催)とあったように、企業が採用を絞り込む中、平均エントリー社数など就活生の活動量は劇的に増えていった。そのため情報収集を常に心がけ、エントリーシート作成や面接を要領よくクリアしていく必要に迫られたのだ。

デフレ世代や草食系世代が感じている、「社会って、こんなもんだろう」という「あきらめ」。それがさらに進行し、「あきらめプラス割り切り」というスタンスを持つ。「仕事はこんなものだろうから、友達や恋人、家族との時間を楽しもう」というように、割り切りゆえのしたたかさがあるのだ。

彼女たちが重視するのは、「コスパ」や「効率」。いかに要領良くスムーズに、物事をこなせるかということに価値を置いている。そのため、「要領が悪い」「~さんにやってもらったほうが早くできる」など、パフォーマンスの悪さをとがめられると傷つく。

専業主婦に憧れも、共働きが現実的と割り切り

「デフレ世代や草食系世代は、自分の職場で性格や存在を否定されることを恐れています。それは彼女たちがある程度、仕事と自分を同化させているという証拠。しかし、ゆとり世代は違う。仕事はあくまで時間の切り売りだと割り切っている」と牛窪さん。

ワークライフバランスへの関心も高い。10年に改正育児・介護休業法が施行されたことで、夫婦の共働きを前提とし、「イクメン」推奨の動きが活発化する中で社会に出た世代のため、専業主婦に憧れを持ちつつも、「働き続けること」を現実的と考えている人が多い。「すでに今の35歳以下には、家事や育児を自分の問題として捉えられる有望な男性も多い。若い世代ほど、さらにてらうことなく、妻を支えてイクメンに徹する男性が増えていくはず」(福沢さん)。

そんなゆとり世代に力を発揮させるためには、「あなたなら2時間でこの仕事ができるから、会社にとっては大きなメリットになる。挑戦してみなさい」などという伝え方がいい。自分の効率の良さが役立っているという、確かな手応えが彼女たちのモチベーションを上げる。

また、ゴールに至るまでのマニュアルや得られるメリットなどを、きちんと理解できれば素直に頑張れるのがこの世代。「自分たちを学生のような立場だと思っているので、上司には教育者であることを求める。学校教育の延長であるかのように、丁寧なアプローチをしないと効かないこともある」(福沢さん)。

「コスパ」を重んじる彼女たちは、ファッションにおいても「着まわし」を追求する賢い消費者だ。

さらに、悪目立ちはしたくないという思いは強いものの、スマホをデコってアレンジしたり、みんなと同じバッグに自分なりのチャームをつけて少し差をつけたりと、ささやかに個性を表現している。

「親にバブル世代が多いので、ブランドへの拒否反応もないし、上質なものを見抜く眼も養われている」(牛窪さん)。

そして、バブル世代の両親の影響を受けて、恋愛観にも変化が表れるのがこの世代。旅行で家族を楽しませたり、さりげなく母親をサポートしたりと、頼りがいがある父親。さらに、それを頼りにする母親の姿を見てきた。

「そんな環境で育った子どもは、男女ともに草食系世代ほど保守的ではなく、恋愛や結婚への意識も高いはず」と牛窪さん。長らく落ち込んでいたカップル率や婚姻率が、持ち直すことも期待できる。

このように、あらゆる要素において上の世代とのギャップが大きく、問題児扱いされがちなゆとり世代。しかし、それゆえに与えられた最大の特権は、「期待値が低い」ということ。

「ゆとり世代なんだから仕方ない」と、半ばあきらめがちな先輩たちに対して、「いろいろと教えてください」と後輩らしく歩み寄り、真面目な姿勢を見せれば、「ゆとり世代だけど話がわかる」「意外とちゃんと仕事ができる」と、思いのほか評価が上がるはず。

理解されにくい自分たちの立場を逆手にとって、上の世代と距離を縮めるのが賢い方法だろう。

ゆとり世代の強み&弱み
【強み】「オンオフの切り替えが上手」
「仕事は仕事」と潔く割り切り、効率を追求しながらこなす。また、仕事とプライベートはしっかりと切り離して考え、充実させている。
【弱み】「上の世代に理解されにくい」
先輩たちとの価値観の違いが顕著で、コミュニケーションが難しいと思われがち。「面倒で付き合いにくそう」と、レッテルを貼られやすい。

この人たちに聞きました

福沢恵子(ふくざわ・けいこ)
 ジャーナリスト・昭和女子大学グローバルビジネス学部特命教授。1983年早稲田大学政治経済学部卒。在学中に女子学生の作る就職情報誌「私たちの就職手帖」を創刊、初代編集長を務める。卒業後、朝日新聞記者を経て1990年にフリーランスのジャーナリストとして独立。「女性と仕事」を中心テーマに執筆や講演を行う。
牛窪恵(うしくぼ・めぐみ)
 マーケティングライター。インフィニティ代表取締役。財務省財政制度等審議会専門委員。1968年東京生まれ。日大芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社を経て2001年に起業。主な著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『独身王子に聞け!』『ただトモ夫婦のリアル』(いずれも日本経済新聞出版社)

(ライター 西門和美)

[nikkei WOMAN Online2013年4月26日付を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ワークスタイルや暮らし・家計管理に役立つノウハウなどをまとめています。
※ NIKKEI STYLE は2023年にリニューアルしました。これまでに公開したコンテンツのほとんどは日経電子版などで引き続きご覧いただけます。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません