2019年8月18日(日)

米アマゾンで買った国際版キンドルや書籍はどうなる?

(1/2ページ)
2012/10/26 23:00
保存
共有
印刷
その他

電子書籍端末「Kindle(キンドル)」の国内発売を待てずに、米国のAmazon.com(アマゾン・ドット・コム)から国際版Kindleを購入したユーザーは少なくないはず。国際版では日本語を入力できないが、表示することはできるからだ。また、iOSやAndroid(アンドロイド)向けのKindleアプリを使い、Amazon.comからコンテンツを購入したユーザーも少なからずいることだろう。

図1 Amazon.comのKindleライブラリをAmazon.co.jpに併合できるという旨のお知らせ

そこで単純な疑問がわいてくる。国際版Kindleや既存のKindleアプリを使って日本のAmazon.co.jpと米国のAmazon.comの双方からコンテンツを購入して閲覧できるのかということだ。日本の「Kindleストア」がオープンした2012年10月25日午前、カスタマサービスにメールで問い合わせてみた。すると、同日午後には早々と返事が到着した。その内容をかいつまんで説明すると、以下のようになる。

■日米のアカウントを結合すればよい

まず、Amazon.co.jpで購入したコンテンツを閲覧できるのは、「Kindle Paperwhite」以降の端末に限られる。それより前に発売された端末、例えば「Kindle Touch」や「Kindle Keyboard」などでは閲覧できない。つまり、ほぼ全滅だ。

一方、Amazon.comで購入したコンテンツを、Amazon.co.jpから購入したKindle、あるいはKindleアプリで閲覧するには、日米のアカウントの結合が必要になる。その方法は次の通り。まず、Amazon.comの「Kindle Store」のトップページ、またはManage Your Kindleページにアクセスする。すると、居住国(Country Settings)が「Japan」に設定されている場合、日米のアカウントを結合できるという旨のお知らせが表示される(図1)。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。