/

国交省、消費増税後の住宅ローン減税説明会を実施

国土交通省は2013年7月25日、消費税増税後に実施される住宅ローン減税拡充などの税制上の措置や現金給付措置の内容を周知するために、8月から各地で無料の説明会を実施すると発表した。

これらの措置は、増税後に住宅を取得する際の負担軽減策として講じるもの。説明会は、事業者向けと消費者向けにそれぞれ実施する。

事業者向け説明会(住宅関連税制とすまい給付金に関する説明会)は、8月2日から10月31日まで、都道府県庁所在地や政令市をはじめ全国の330市区町で計339回開催。住宅ローン減税拡充などの住宅関連税制の概要と、「すまい給付金」と称する給付措置に関する給付要件や申請方法などについて、テキストを使って説明する。講師は国交省職員が務める。開催スケジュールは、同説明会のウェブサイトで確認できる。

消費者向け説明会(すまい取得支援セミナー)は、8月24日から9月29日まで、全都道府県で計47回開催する。国交省職員が住宅関連税制やすまい給付金の内容を説明するのに加えて、ファイナンシャルプランナーが住宅取得に関する資金計画について解説する。開催スケジュールなどは、8月1日に開設するウェブサイト「『すまい給付金』ホームページ」などで公表する。また、このウェブサイトでは、制度を説明するパンフレットやチラシなどをダウンロードできるほか、収入に基づき具体的な給付額を算定することもできる。給付申請書など、申請に必要な書類のダウンロードも可能とする予定だ。

(日経ホームビルダー 岡田篤生)

[ケンプラッツ 2013年7月26日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン