/

この記事は会員限定です

白物家電はなぜ元気 新分野と機能追求で活性化

[有料会員限定]
 テレビやスマートフォンなどのデジタル家電事業で軒並み苦戦している日本メーカー各社が、攻勢をかけている事業分野がある。エアコンや冷蔵庫、洗濯機などの「白物家電」だ。背景にあるのが、デジタル家電とは対照的に、好調に推移している業績だ。白物家電事業はなぜ元気なのか。その秘密に迫った。

これまで、薄型テレビをコア事業として掲げてきたパナソニックとシャープの2社が、白物家電事業で積極的な動きを見せている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2455文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン