サウジ国王が踏み切った「女性参政権」の意味
論説副委員長 脇祐三

(1/2ページ)
2011/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアのアブドラ国王が同国の女性の「参政権」を認めると表明した。アラブ諸国の民主化要求の波の中で、サウジ自体の改革姿勢を内外に示すメッセージだ。高齢の国王は保守勢力の反対を押し切り、自らの代で将来への道を開く決断をしたといえる。

「女性参政権」容認を表明した25日の国王の演説は、アブドルアジズ初代国王が「サウド家の王国」を打ち立てた建国記念日にあわせたものだ。そこに国王の意気込みがうかが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]