/

この記事は会員限定です

安倍外交、秘めた手本はニクソン氏

編集委員 秋田浩之

[有料会員限定]

安倍晋三首相の外交がまもなく始動する。保守色が強い彼の登場を、ワシントンはどうみているのか。

関連記事
・12月19日日経朝刊4面「安倍外交、まずは安全運転、来月訪米で調整」
・12月21日日経夕刊1面「韓国に特使派遣へ、安倍氏、竹島式典は見送り」
・12月22日日経朝刊1面「中国に特使・高村氏、安倍氏、尖閣、公務員常駐先送り」

「果たして、安倍さんはニクソン元大統領のように振る舞えるか。成否はそこにかかっていると思う」

ブッシュ前米政権の外交と安全保障政策にかかわった元高官は、こう占う。

ニクソン氏といえば、米大統領に在任中の1972年、敵対していた中国と電撃的に和解し、歴史に名を刻んだ。彼は共和党の保守派であり、ごりごりの反共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン