/

香川が骨折、決勝出場は絶望的 サッカーアジア杯

25日、韓国に勝ち、日本代表イレブンと喜ぶ香川(左)。右足に包帯を巻いていた(ドーハ)=共同

【ドーハ共同】日本サッカー協会は26日、アジア・カップ準決勝(25日)の韓国戦で右足を負傷したMF香川真司(ドルトムント)がドーハ市内の病院で検査を受けた結果、右足小指の付け根の骨折と診断されたと発表した。全治などは不明だが、29日のオーストラリアとの決勝出場は絶望的という。

日本の攻撃の中心を担う香川は、アジア杯で5試合連続で先発出場し、準々決勝のカタール戦では2得点した。韓国戦にも攻撃的な左MFとして出場し、後半42分にベンチに退いた。

26日の練習は参加しなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン