2019年9月18日(水)

香川が骨折、決勝出場は絶望的 サッカーアジア杯

2011/1/26付
保存
共有
印刷
その他

25日、韓国に勝ち、日本代表イレブンと喜ぶ香川(左)。右足に包帯を巻いていた(ドーハ)=共同

25日、韓国に勝ち、日本代表イレブンと喜ぶ香川(左)。右足に包帯を巻いていた(ドーハ)=共同

【ドーハ共同】日本サッカー協会は26日、アジア・カップ準決勝(25日)の韓国戦で右足を負傷したMF香川真司(ドルトムント)がドーハ市内の病院で検査を受けた結果、右足小指の付け根の骨折と診断されたと発表した。全治などは不明だが、29日のオーストラリアとの決勝出場は絶望的という。

日本の攻撃の中心を担う香川は、アジア杯で5試合連続で先発出場し、準々決勝のカタール戦では2得点した。韓国戦にも攻撃的な左MFとして出場し、後半42分にベンチに退いた。

26日の練習は参加しなかった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。