/

この記事は会員限定です

グーグルの異業種参入支える「ビッグデータ」の破壊力

ビッグデータ革命(1)

[有料会員限定]
 ペタ(1ペタ=100万ギガ)バイト級の大量データを収集・分析し、その結果を活用する――。「ビッグデータ」のビジネス利用に挑む企業が増加しつつある。消費者の嗜好や行動など様々な事象の変化の察知、人を介さない意思決定の実現など、ビッグデータがもたらす効果は計り知れない。ビッグデータの扱いにたけたグーグルが電力産業や自動車産業に乗り出すなど、ビッグデータはビジネスのあり方、ひいては産業構造まで変えるほどの力を秘める。ビッグデータを扱いやすくする製品やサービスのコモディティー(日用品)化が進む。本連載では、いま起こりつつあるビッグデータ革命の実態に迫る。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3423文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン