山梨県と静岡県、富士山Wi-Fiプロジェクトを発足

2013/12/26付
保存
共有
印刷
その他

2013年12月26日、山梨県と静岡県は、両県にまたがる富士山周辺の公衆無線LANを推進する産官民協働のプロジェクト「Fujisan Free Wi-Fiプロジェクト」の発足を発表した。富士山の世界文化遺産登録や東京オリンピック開催決定により、富士山周辺を訪れる外国人観光客は増加の一途をたどっている。こうした外国人観光客から要望が多い無料のWi-Fi環境の整備を山梨、静岡両県が主体となって進める。なお、山梨県は既に「やまなしFree Wi-Fiプロジェクト」を通して富士山周辺を含めた同県内のWi-Fi環境を先行して整備している。

「Fujisan Free Wi-Fiプロジェクト」のロゴ

「Fujisan Free Wi-Fiプロジェクト」のロゴ

Fujisan Free Wi-Fiプロジェクトは、全体のコントロールや観光行政との連携を山梨県と静岡県が実施。外国人観光客が利用する民間施設などにWi-Fiサービスを提供する協働企業として、NTT東日本(山梨支店)、NTT西日本(静岡支店)、エレコム、サントリーフーズ、サントリービバレッジサービス、およびアサヒ飲料とタケショウの共同事業体が参画する。これらの企業が提供するWi-Fiサービスは、SSIDなどを統一して運用するわけではなく、サービスを提供する企業がそれぞれの方法で進める。例えばNTT東日本では「光ステーション」、NTT西日本では「DoSPOT」の仕組みを活用する。

コンテンツの準備や地域ビジネスモデルの構築には、やまなし観光推進機構、静岡県観光協会、シナプテック、しずおかオンラインが関わる。同日より同プロジェクトの英語、中国語、韓国語による共通ポータルサイト「Fujisan Free Wi-Fi Project Official Website」をオープン。外国人観光客の滞在時における利用のほか、訪日前の事前情報収集といった用途も見込む。また2014年1月以降、山梨、静岡両県で相互送客を図る取り組みを実施する計画である。

(日経コンピュータ 大谷晃司)

[ITpro 2013年12月26日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]