「信頼された公衆無線LAN」に自動接続、認定プログラムが開始

2012/6/27 6:30
保存
共有
印刷
その他

無線LANに関連する業界団体であるWi-Fi Allianceは2012年6月26日、都内で記者会見を開き、信頼された公衆無線LANにユーザーが操作することなく自動接続できる「Wi-Fi CERTIFIED Passpoint」(以下、Passpoint)の認定プログラムを、同日付けで開始したことを発表した。

写真1 Wi-Fi Allianceのケリー・デイヴィス フェルナー マーケティングディレクター

写真2 Passpointの最初の認定製品

Passpointとは、これまで「Hotspot 2.0」として知られてきた技術の正式名称。Passpoint対応のアクセスポイントと端末を使うことで、「無線LANでも、携帯電話のようにユーザーが何も操作しなくてもシームレスにネットワークにつながるようになる」(Wi-Fi Allianceのケリー・デイヴィス フェルナー マーケティングディレクター、写真1)。

Passpointの具体的な技術要素としては、(1)IEEE 802.11uを用いた、ユーザーの意向、加入しているサービスプロバイダーのポリシーに基づいた最適なネットワークへの自動検出・選択機能、(2)信頼できるネットワークへの認証機能。SIMベースの認証に加えて、ユーザー名/パスワードの組み合わせ、認証IDなどもサポート、(3)WPA2エンタープライズのセキュリティ機能――などがある。このほか、サービスプロバイダー間のローミングもサポートする。

ケリーディレクターによると、Passpointは通信事業者、機器ベンダー、端末ベンダーなど、幅広いプレーヤーから高い期待が寄せられているという。記者会見で示した資料には、NTTグループ、フランステレコム、英BT、米コムキャストといった大手の通信事業者、ケーブルテレビ事業者からの期待の声が載せられており、「このような事業者がPasspointをサポートしていくだろう」とした。またケリーディレクターは、「特にPasspointは、モバイルトラフィック対策として無線LANへのトラフィックのオフロードを進めている携帯電話事業者にとって魅力的な仕組みだろう」と話す。

既にWi-Fi Allianceは、Passpointの最初の認定製品として、カナダベルエアの「BelAir20E」や米シスコの「Cisco 2500 シリーズ Wireless Controller」「Cisco Aironet 1260 シリーズ アクセス ポイント」などを認定しており(写真2)、これらの機器を使ってPasspointの認定プログラムは進められる。なお先に上げた技術要素をサポートできれば、既存の機器でもソフトウエアのアップデートでPasspointに対応可能になるという。

(日経コミュニケーション 堀越功)

[ITpro 2012年6月26日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]