/

ヤクルト宮本「仕事として向き合った19年に誇り」

今季限りで引退、正式表明

「最近の選手は(野球を)楽しむと言うが、僕は仕事として19年間向き合ってきた。それが誇り」。日本を代表する内野手として活躍、選手会の会長としても球界の難局を乗り越えてきたヤクルト・宮本慎也(42)が26日、東京都内の球団事務所で、今季限りでユニホームを脱ぐことを正式に表明した。ファンやチームの期待に日々こたえるべく、高いレベルのプレーをルーティンワーク化してみせた職業人らしく、記者会見では「仕事」という言葉を強調した。

今季限りでの現役引退を表明するヤクルトの宮本=共同

19年の間に2000安打を達成したが、もともとは守備の人として野村克也監督に見いだされた。「僕は守りから試合に出るようになった。守りで試合に出られなくなったら引くときかな、と」。引退を決意した理由を問われてこう答えたあたりに、ゴールデングラブ賞10度という、当代一の達人のプライドが込められていた。

一番の恩師はやはり入団したときの監督、野村さんという。「一流の脇役になれ」という言葉を胸に刻んでやってきた。「ミーティングで出た言葉で、1対1で言われたわけではなかったが、僕は自分に言われたことだと受け止めて、そういう選手にならなくてはと思いながらやってきた」と振り返った。

その恩師には1週間ほど前に自宅を訪ね、引退の決意を伝えたという。当面、解説者として野球を勉強するというと「ネット裏から野球をみることはいいことだ。ベンチにいると勝ちたいという欲が出るが、ネット裏だと欲がなく、野球を純粋にみることができる」と激励されたそうだ。

もちろん将来は指導者に、という思いがある。球団側も「数少ない将来の監督候補の一人」(衣笠剛球団社長)と認めている。「指導者になるにはタイミングとか縁もあるけれど、(自分から球団に)戻りたいとかではなく、戻ってきてくれといわれるようになるくらい、しっかり勉強したい」と話した。

引退表明後もシーズンの最後までプレーを続ける。クライマックスシリーズ(CS)進出の望みがなくなったわけではないが、最下位に沈むチーム事情は厳しい。

とても後輩たちに安心して任せた、などという歯の浮いたようなことは言えない。「ぐっと来る選手がいない。決して明るい未来ではない。みんなで切磋琢磨(せっさたくま)して、プロとして一流になるんだという意識を持たないと。誰でもリーダーになれる可能性もあるけれど、逆に誰もなれないまま終わることもある」

「僕がヤクルトに入ったときは勝利に対する厳しさがあったし、かといってぎすぎすするわけでもなかった。強かったころは本当に理想のチームで、オンとオフの切り替えもはっきりできていた。今のチームはまだそれがでできるチームになっていない」

浮かれたところなく、常に現実を見据えてきた人ならではの、直言が続いた。「僕自身、試合に出ておらず、川端(慎吾)、山田(哲人)、川島(慶三)、森岡(良介)あたりが出ているが、まだまだ物足りなさがある。将来、最低でも僕を超えるくらいの選手になってほしい」

25日の広島戦に代打で出場、出塁した8回を終え、ナインに迎えられる宮本=共同

現役時代で誇れることはゴールデングラブ賞の受賞歴や2000安打といった数字ではないという。「ゴールデングラブ賞何度とか、無失策記録とか、数字に残る部分もあるが、全力でボールを捕りにいって、アウトにしようという姿勢を(19年間)貫いたこと。それが一番の誇り」という。

野球を夢や希望というベースで考えるのでなく、確実に、間違いなくこなされるべき日々の仕事としてとらえるところに、妥協はあり得なかった。

「好きで始めた野球が、プロになった瞬間、仕事になった。最近『楽しむ、楽しむ』と言うけれど、僕は一度も楽しんだことはない。19年間仕事として真剣に向き合ったきたことが僕の誇り」

「夢にも出てくるくらい、24時間野球のことばかりを考えてきた。いつも何とかしないと、と考えてきた。そこまでの執念があったから、ここまでやれた。それは(後輩の)みんなも持った方がいいのでは」

昨年限りで辞める気持ちもあったそうだ。しかし入団時のスカウトでもあった小川淳司監督や球団社長に慰留され、現役続行を決めた。そのときから「あと1年だけ」という腹は固まっていた。

「今季限り」の意思を家族に伝えたのはオールスターのとき。ともに食事をし「お父さんは今年で辞めるよ」と伝えた。「知っているよ」と子供にいわれた瞬間は「拍子抜けした」とか。

息子さんと2人で風呂に入ったとき「辞めてほしくない」といわれたが「この世界は力がなくなったら辞めなくてはいけないんだよ、と。息子にはわからなかったかもしれませんが」。

球団は「実績、貢献度に見合う引退試合を用意する」(衣笠社長)としている。CS進出の可能性をにらみながら、セレモニーのタイミングを検討していくことになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン