/

震災対応であぶり出された取引先の"本性"

会社の枠を超えた信頼関係とは

「取材は受けても構わないが、会社の名前は出せない」。一連の東北取材を申し込む段階で、ある企業の経営者からこう言われたことがあった。理由を聞くと、取引先の目が厳しいので、名前が出る取材は断っているという。この異常事態に、大丈夫と声を上げることすら許されないのか。中小企業が日頃から受けている理不尽な扱いを、あらためてうかがわせた。

岩手県に本社を置くその企業(A社とする)も、東日本大震災により大きな影響を受けた。工場内の工作機械はほぼ無事だったものの、物流網が完全に停滞してしまい、加工物の受け入れや納品ができなくなってしまったのだ。周辺の企業も似たような状況だった。

風評被害のようなもの

機械は無事だったのだから、物流網さえ回復すれば問題ない。そう思っていたが、甘かった。しばらくすると、取引を打ち切られたという話が周辺の企業から次々と聞こえてくる。「岩手や宮城、福島というだけでキャンセルや取引停止になった。風評被害のようなものだ」と、A社の経営者は語る。

慌てて、取引先に対してファクスや電子メールを送り、生産活動に何ら問題がないことを訴えた。その数、数百通。自社の状況が取引先にきちんと伝わっていなかった。テレビや新聞では壊滅的な損害を受けた沿岸地域が繰り返し取り上げられていたため、東北地方にあるというだけで稼働していないのでないかと思われていたのだ。物流網の問題は、社員が自ら加工物を運搬する「ハンドキャリー」で何とか乗り切った。

それにもかかわらず、名前の出る取材は断った。聞けば、大昔に取材に応じたところ、ある取引先から「下請けのくせに生意気だ」と言われたからだという。それ以降は一切、マスコミなどに社名を露出していない。さらに、今回は津波の被害を受けた企業の心情にも配慮した。震災時でも取引先や世間の目を気にするのは、日本独自なのか、それとも万国共通なのか。

寂しさを覚えた取引先の対応

福島県のある企業(B社とする)も、震災後に取引停止を持ちかけられた。相手の説明は、どうにも要領を得ないものだったが、結局は「福島だから」というのが理由だ。大丈夫だから現場を見に来てくれと言ったが、取引先の規定で福島県には入れないという。「我々は、ここでものづくりをしているのに」と、B社の経営者は語る。

この経営者によれば、今回の震災はいろいろな意味で取引先の本性が見えた出来事だったという。前出の取引先に関しては、長年にわたってきっちり納品しており、震災直後も要求通りに応えてきた。それでも取引停止を持ちかけられたことに対し、寂しさを覚えたという。

取引先からすれば、今後何が起きるか分からないので、少しでもリスクを避けようと考えての判断だったのかもしれない。震災直後ともなれば、判断材料となる情報も限られていた。それでも、震災前から要求に応えてきた側からすれば、理不尽に思える対応だ。

処理しきれないほどの物資

救いようのない話ばかりでもない。別の取引先は、心配して近くまで訪問してくれた。やはり会社の規定で福島県には入れないということだったが、県境で顔を合わせ、直接激励してくれた。工場まで来てくれれば完璧だったかもしれないが、それでもありがたい話だった。

直接の支援はできなくても、何とか力になりたいと考えている人は多かった。ケディカ(本社仙台市)代表取締役社長の三浦修市氏によれば、複数の取引先から「何か必要なものはないか」と聞かれ、それに答えるとすぐに物資が送られてきたという。そのうち必要な量を上回るようになったので、より困っている知り合いの沿岸地域の企業に譲ることにした。早期復旧を果たした同社は今、いまだ復旧もままならぬ地域の支援に力を注いでいる。

2007年に新潟県中越沖地震が発生した際に、パナソニック電工新潟工場で復旧活動の陣頭指揮を執った同社執行役員の木本哲也氏は、大災害時の対応では会社の枠を超えて生身の人間として付き合わなければならないと語る。この言葉自体は、主に社内の人間関係を想定したものだが、会社同士の関係にも当てはまることだろう。より強固なサプライチェーンを実現するために、取引以外の部分でどう信頼関係を構築していくか。東日本大震災は、製造業に対して非常に難しい課題を突きつけたように見える。

[注]本記事は、Tech-On!に連載中の「走り出した東北企業」の第5回です。

(日経ものづくり 高野敦)

[Tech-On! 2011年4月25日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン