/

この記事は会員限定です

民主すら戸惑った首相問責 「55年体制」へ回帰か

[有料会員限定]

安倍晋三首相の問責決議が26日の参院本会議で可決され、重要法案は廃案となった。選挙に向けて政権との対決姿勢を鮮明にし、気勢をあげるのは、かつて野党の常とう手段でもあった。だが今回の問責は野党第1党の民主党内にさえ当初、戸惑いがあったのが実態。参院選では自民、公明両党の与党が勝利して過半数を回復することが有力視されており、首相問責の効果は事実上、この国会だけに限定される。

首相問責は小沢一郎氏が代表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン