/

この記事は会員限定です

血圧記録で学ぶ 折れ線グラフの実践テク

目からウロコのエクセル妙技(2)

[有料会員限定]
日経PC21

今回は図1のような血圧記録グラフの作り方を紹介しよう。日々計測した上下の血圧を青と赤の折れ線で表し、上血圧の正常範囲を薄い青の背景、下血圧の正常範囲を薄い赤の背景で示した。

また、2本の折れ線を点線で結ぶことで、上下血圧のペアであることが直感的にわかるように工夫している。具体的には「面グラフ」と「高低線」というテクニックを使った。

実は読者から、「折れ線グラフを数値範囲ごとに塗り分けて視認性を高め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン