/

この記事は会員限定です

「日本の車」に世界の荒波 環境・安全リーダーの座に不安

[有料会員限定]
 円高修正の追い風などを受けて、久々に反転攻勢の機会が訪れている日本の自動車産業。しかし、その先行きは順風満帆とは言い切れない。例えば、世界で進む燃費規制の強化に対応するため、国内の完成車メーカー各社はパワートレーンの電動化に力を入れているが、世界の技術の潮流は排気量の「ダウンサイジング」に向かっている。クルマの売れ行きを左右するようになってきた自動ブレーキ機能などの安全技術でも、欧米メーカーの先行を許している。果たして日本メーカーは、技術でリーダーシップを取り戻せるのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4013文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン