2019年3月26日(火)

北朝鮮、日本海にミサイル発射 韓国軍は監視強化

2014/3/26付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=小倉健太郎】韓国国防省関係者によると北朝鮮は26日未明、弾道ミサイル2発を発射した。飛距離は650キロメートル程度で韓国政府は「ノドン」と推定している。発射地点は平壌北方の肅川(スクチョン)周辺。日本海の公海上に落下した。韓国軍は追加発射の可能性に備えて監視を強化している。

平壌の軍事パレードに登場した中距離弾道ミサイル「ノドン」(2013年7月)=共同

発射したのは午前2時35分と45分。オランダ・ハーグで日米韓首脳会談が始まった時刻に近い。関係国が対北朝鮮政策で連携を深めるのをけん制する狙いがあるとみられる。40人を超す犠牲者が出た2010年の韓国哨戒艦沈没事件から26日でちょうど4年になるのを意識した可能性もある。

北朝鮮は国連安全保障理事会決議で弾道ミサイル技術を使った発射を禁止されているが、2月にも射程300~800キロメートルの中距離弾道ミサイル「スカッド」を発射した。定例の米韓合同軍事演習に反発した挑発だと韓国政府は分析していた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報