2019年6月20日(木)

菅首相「謝罪と賠償、応じるつもりない」 尖閣沖衝突

2010/9/26付
保存
共有
印刷
その他

菅直人首相は26日、沖縄県尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件で、中国政府が謝罪と賠償を求めたことについて「尖閣諸島は我が国固有の領土だ。謝罪とか賠償は考えられないし、全く応じるつもりはない」と拒否する考えを示した。視察先の東京都青梅市内で記者団の質問に答えた。

首相は今後の関係改善策に関して「中国側も戦略的互恵関係を深める点では今も姿勢を変えないと言っているので、双方冷静に大局的な観点に立って行動することが必要だ」と強調した。

中国漁船の船長の釈放に関しては「検察当局が事件の性質を総合的に考えたうえで、国内法に基づいて粛々と判断した結果だと承知している」と述べ、あくまで検察の判断だとの認識を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報