2019年7月19日(金)

通信速度をアプリごとに制御 DTIがサービス開始

2013/10/26付
保存
共有
印刷
その他

フリービット子会社のインターネット接続事業者であるドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は2013年10月25日、無線データ通信サービスで、通信速度をアプリ単位で制御できる付加機能の提供を始めたと発表した。

スマートフォン(スマホ)で専用アプリを使ってアプリごとに通信速度に制限をかけるかどうかを設定すると、ネットワーク側がこの設定に基づいて通信速度を制御するという。

新機能の名称は「SiLK Sense設定」。MVNO(仮想移動通信事業者)として提供するLTE(Long Term Evolution)対応の無線データ通信サービス「ServersMan SIM LTE 100」で新機能に対応する。同サービスは月額490円で通信速度100kbpsのモバイル通信が利用できるサービスで、100MB当たり263円など、追加料金を支払うと速度制限がない高速スピードモードが利用できる。

高速スピードモードを設定すると、全てのアプリが制限を受けず帯域を利用しようとする。専用アプリを使ってSiLK Sense設定を導入すると、特定のアプリだけに高速スピードモードの利用を適用でき、通信料金を節約しやすくなる。

この機能を実現するため、DTIはフリービットと、MVNOの通信サービスで、端末から帯域などを制御できる新技術「Semantic Switch技術」を開発した。世界初としており、特許を出願中だ。

(日経ニューメディア 玄忠雄)

[ITpro 2013年10月25日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。