石炭で狙う高効率発電IGCC、国内外に利用広がる 注目の技術・素材

(1/3ページ)
2011/11/1 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

原子力発電と天然ガス火力発電、そして石炭火力発電が、電力供給力の約85%を三分していた日本。原発事故を機に崩れたバランスを、この夏は石油火力発電などの稼働率を高めて補った。

政府は2011年秋にも、エネルギー戦略の見直しを本格化する。中間整理によると、省エネと再生可能エネルギー、原発に加え、火力の高効率化とCO2削減技術が柱になる。

しかし、石油火力は燃料調達を中東に依存する比率が高いうえ、国際…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]