技術進化が止まらない、当面続く主導権争い 世界で始まる3D放送(3)

(1/2ページ)
2010/7/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 テレビ放送で3次元(3D)映像を流す試みは現状,「サイド・バイ・サイド」と呼ばれる方式で実施されている。しかし,前回(本連載の第2回)見てきたように,同方式の中でも実装方法が異なるもの,そして同方式以外の方法を採るものと,3D放送は今後,大きく動いていく可能性がある。

現時点では,大手テレビ・メーカーの多くが「サイド・バイ・サイド」(下掲の「用語解説」を参照)の実装の一種である米RealD社の「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]